Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/91-a5cdd5a6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アメリカのiPhoneコピープロテクトを解除!?

アメリカでは、iPhoneにかけられているコピープロテクトの
ロックを解除する「Jailbreak」は合法、という決定を、
米著作権局が下したということで波紋がおこってます。




米著作権局はコピープロテクトの回避・解除を禁止
している「デジタルミレニアム著作権法(DMCA)」の新しい
適用除外項目を明らかにしました。


同局は3年に1度DMCAの見直しをおこなっており、
技術の変化などに対応するべく、
適用除外項目を新たに加える作業をおこなっています。


今回の見直し作業で除外の対象になった項目には、
「ユーザーが合法的に入手したアプリケーションを携帯電話で
実行できるようにする」


という目的でコピープロテクトを
解除する行為が含まれることになりました。


これは非公認のアプリを実行するためにiPhoneを
Jailbreakする行為が、DMCAに反しないということを意味します。

稼げる超ソーシャルフィルタリング


また、携帯電話をほかのキャリアのネットワークに接続するための
ロック解除も合法という解釈が付け加えられました。


さらに、「合法的に入手した映画DVDなどののプロテクトを
解除して、映像の一部を教育目的やドキュメンタリー、
非営利の動画などに利用する」


「セキュリティテストや脆弱性修正のためにビデオゲーム
のロックを外す」「電子書籍の読み上げ防止機能の解除」


「使えなくなった古いドングル(製造が終了していたり
代替品が手に入らない場合)の無効化」も除外項目として
付け加えられています。


ユーザーの自由度が格段に高まる解釈が新たに付け加えられた
形になった今回の著作権局の発表ですが、依然として、
AppleはiPhoneのJailbreakは違法との見解を示しています。


日本ではiPhoneユーザーが電波状態の悪さにだいぶ不満を覚えて
おり、通信インフラの整ったNTTドコモへの乗り換えを希望する
人が増えているようですが、


アメリカでは次元の違う問題が消費者とアップルの間で提議
されているようです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/91-a5cdd5a6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スニーカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。