Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/137-a2a1b7e9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

バッファロー製品にウィルス混入の謎!?

バッファローと言えば、日本のパソコン周辺機器メーカーとして
最大手ですが、なんとウイルスの混入した製品を出荷してしまい、
ごく一部ですが、被害が出たとのことです。


購入した時点でウイルスが混入している可能性がある製品は、
バッファローのポータブルWi-Fi「DWR-PG」の一部製品で、




同社は9月10日に、一部の製品にウイルスの混入していることを
公式に発表しました。


また、バッファローがOEM供給している、NTT東日本がレンタル中の
「光ポータブル」の一部製品にも、ウイルス混入の可能性が
あるということです。


この問題に対して、バッファローでは特設ページや専用窓口を開設し、
被害者や購入者へのサポート業務を迅速におこなっています。


現在までに明らかになっている情報では、混入している
ウイルスは、「USBワームAutorun(オートラン)ウイルス」と
呼ばれるもので、USBメモリーなどのリムーバルメディアを介して


感染するタイプのウイルスということです。USBポートを利用して
PCに接続すると感染する可能性がありますが、無線LANで通信
している限り感染しないといいます。


また、ウイルス対策セキュリティソフトウエアが最新の状態で
インストールされているパソコンでは問題なく駆除できる
とのこととです。


コンピュータウイルスはどう動くのか


ウイルス対策セキュリティソフトウエアがインストールされて
いないパソコン、あるいは、古いウイルス対策セキュリティ
のまま使用しているパソコンでは、


感染する可能性があるといいます。


また、バッファローがOEMでNTT東日本(株)に提供している
「光ポータブル」にも混入の可能性があるとNTT東日本
は発表しています。


「光ポータブル タイプA(SIMロック版)PWR-100D」
または「光ポータブル タイプB(SIMフリー版)PWR-100F」のうち、
2010年8月3日から9月10日に発送した機器の一部で、


約160台が該当するそうです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/137-a2a1b7e9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スニーカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。