Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/133-f828fd06

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

iPhoneでソフトバンクがシェア20%突破

スマートフォンはやはり、ExperiaよりiPhoneの方が圧倒的に
人気のようです。


携帯電話の契約数で、ついにソフトバンクが20パーセントの
壁を突破しました。


8月の携帯電話契約数(速報値)が携帯電話各社から
発表されましたが、それによると、新規契約件数から解約件数を
差し引いた、いわゆる純増件数は、ソフトバンクモバイルが


28万8900件となりました。これで5カ月連続のトップ
を維持したことになります。


これはやはり、iPhone4の独占的な販売による効果が大きいと、
関係筋は見ています。




6月24日に発売された米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)
「iPhone4効果であることは明らかで、他社に契約を変更しても
電話番号の変更が必要ない「番号継続制度」による転入が


7万7000件と過去最高となったことも一因と言われています。


これによって、携帯電話の累計契約数のシェアが約20.15%
と、初めて2割を超えました。


ソフトバンクにとって番号継続制度の最大の草刈り場に
なったのが12万5500件で2位となったNTTドコモです。
4月から発売していたスマートフォン「エクスペリア」や


パソコン向けデータ通信端末は順調な伸びを見せていましたが、
番号継続精度のため4万件以上のの転出が発生、7月よりも
純増数は減ってしまったそうです。


 KDDI(au)は5万6600件で4カ月ぶりの3位浮上と
なりましたが、5万3500件で4位につけている
イー・モバイルとの差は3100件しかありません。


契約数の低迷が続いているため、いつ順位が入れ替わっても
おかしくない状況と言えます。


ソフトバンク流「超」速断の仕事術


6月下旬からは同社初のスマートフォンを投入し、契約数の確保に
動いていますが、スマートフォン市場は現在、iPhone4の一人勝ちと
言っても差し支えない状態で、


SIMロックが解除されない限り、ソフトバンクの堅調な伸びが
しばらくは続きそうです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/133-f828fd06

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スニーカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。