Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/124-4b073e5f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ベネチア国際映画祭が開幕

世界三大映画祭の一つであるベネチア国際映画祭が
今年も開催され、日本からも2作品が出品されて
盛り上がりが予想されています。


9月1日にイタリア北部のベネチアで開幕したベネチア映画祭は
すでに出品作の上映などが始まっており、最高賞である


「金獅子賞」を争うコンペティション部門では賞争いの予想が
花盛りのようです。


日本からも有力な作品が出品されています。ひとつは、
小説家・村上春樹氏が執筆した世界的ベストセラーが原作の
「ノルウェイの森」で、




劇中にはビートルズの生音源も使用されていることで
大変な話題となっています。


また、三池崇史監督の時代劇「十三人の刺客」も、日本独特の
「殺陣」を前面に押し出した正統派の時代劇で、純日本映画
として出品されています。


日本からの出品で、金獅子賞を獲得したのは1998年公開の
北野武監督作品「HANA-BI」のみ、


ふたたび栄誉ある賞を日本の作品が獲得できるか、注目が
集まっています。


また、今年のベネチア映画祭では、「3D映画部門」の
審査委員長を日本の清水崇監督が務めることになっています。


シネマの快楽に酔いしれて


昨年から新設された「3D映画部門」ですが、本年度は
、『アバター』や『アリス・イン・ワンダーランド』
『トイ・ストーリー3』など、3D映画として話題となった作品が


数多くノミネートされています。


映画祭は9月11日に、最高賞の金獅子賞が発表されますが、
それまではベネチアを舞台に、世界の名作映画が各シアターで
上映されることになります。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/124-4b073e5f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スニーカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。