Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/121-9e82fd99

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

マイクロソフトの創始者の一人が訴訟

マイクロソフトを創設したのはビル・ゲイツだけ
ではありません。


Microsoftを創設したメンバーの1人として知られる
ポール・アレン氏が、世界的な大手IT企業各社を相手に訴訟を
起こしています。




ポール・アレン氏の会社「Interval Licensing」が起こした
訴訟は、AOL、Apple、Google、Facebook、eBay、Netflix、
Office Depot、OfficeMax、Staples、Yahoo!、Google傘下の


YouTubeなど、IT業界の大企業ばかりで、訴訟の内容は、
Intervalが管理する4件の特許に関してこれらの大手11社が
特許を侵害しているというものです。


今回の訴訟について専門家は、現在、製品を作っていない
Intervalが古い特許を利用して広範な特許侵害訴訟を起こした
ことについて、類似の訴訟が起きることに警戒を


呼び掛けています。


もっともポール・アレン氏の訴状は、アレン氏がGoogle創設者
のサーゲイ・ブリン氏とラリー・ペイジ氏に対して、以前に
資金提供した事実など、同氏とGoogleの過去の深い関係性を


指摘してする内容になっており、よくありがちな
パテントトロール的な特許訴訟と違いを出そうとしているのが
伺えるといえます。これはスタンフォード大学教授であり、


知財弁護士でもあるのマーク・レムリー氏が指摘しています。


知的財産マネジメントの真髄

「今回のケースは特許が無効であるか、原告が過大な主張を
していることを暗示している」とレムリー氏は指摘
していますが、Google、Facebook、eBayはIntervalの訴訟に


対して争う意向を示しています。また、Apple、AOL、
Office Depot、Netflix、OfficeMacはコメントを控えている
状況で、今後、どういう展開になるか注目されています。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/121-9e82fd99

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スニーカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。