Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/104-140027e3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ネットテレビがこれからの主流なるか!?

ネットテレビが話題になっているようです。


インターネットに接続して映画のダウンロードやテレビ電話が
楽しめる、テレビ機能内蔵の薄型テレビが好調に売り上げを
伸ばしているようです。




今年は3D元年と呼ばれるほどの3D映像ブームですが、
この3次元(3D)映像に対応した薄型テレビの世界出荷
台数が420万台にとどまるなど、


意外な低調ぶりを示しているのに対し、インターネットの
動画が楽しめるネットテレビの販売が好調で、世界出荷台数は
前年比24・9%増の2770万台に達する見込みです。


各メーカーもこれに刺激を受けて、ネットテレビの
新たなサービス導入を検討しており、ネットテレビは
3Dテレビを超えるヒット商品になりそうです。


市場調査会社のアイサプライ・ジャパンの調査によると、
平成26年には約1億4800万台が販売されると
見込まれているそうです。


その一方、パナソニックやソニーなどが相次いで投入した
3Dテレビは、26年になっても6千万台程度の売り上げに
とどまると予測しています。


ニーズに敏感なメーカー各社は、ミドルクラス以上のテレビを
インターネット対応にし始めたうえ、新たなネットサービスの
導入を模索しています。

ネット未来地図

いまやネット上には、ユーチューブやニコニコ動画などの
無料動画サービスに加え、有料無料を含めた様々な
動画配信サービスが溢れています。


テレビをまったく見ずにインターネット上の動画だけを
楽しむ人々も増えているようで、これからますます、
ネットどうかへの関心は高まっていくようです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/104-140027e3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スニーカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。