Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/103-8151d6e9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「氷雪の門」問題作が36年ぶりに上映開始

今から36年前の昭和49年、ソ連からの圧力で上映が中止された
映画「氷雪の門」が、本格的に映画館で上映されることに
なりました。


「氷雪の門」は戦争当時の実話をもとに製作された問題作です。


日本が無条件降伏をおこなった後に、不可侵条約を結んでいた
ソ連は一方的に条約を破棄して、北方領土へ侵攻してきました。




この事実は、時間の経過とともに日本人の記憶のなかから
消え去りつつありますが、


その当時、ソ連軍の侵攻によって自ら命を絶った、
若い9人の女性電話交換手の実話を描いた映画が
氷雪の門」です。


映画の舞台となるのは昭和20年8月の樺太西岸の真岡町、
同町の郵便局で働く電話交換手の女性たちが、ソ連軍が
進行してきているにもかかわらず


郵便局に残り、非難する人々に避難経路を知らせるために
業務を続け、最後には自ら命を絶ってしまうという
壮絶な実話をもとに、この映画は製作されています。


当時としては破格の予算といっていい、5億数千万円の
製作実行費をかけて製作された大作映画「氷雪の門」は、
8月15日に終戦を迎えた日本に対し、


不可侵条約を一方的に破棄したソ連軍が北方領土への侵攻を
続けたという事実を見事に活写しています。


ソ連軍の戦車が北方領土へ侵攻するシーンなどは、
当時の陸上自衛隊の協力を得て撮影されて
いるそうです。

北方領土交渉秘録

当時、公開に踏み切れなかった日本の弱腰には恨めしさを
感じますが、今回のチャンスに、是非とも足を運んで
「氷雪の門」を見ておきたいです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ittyokami576.blog3.fc2.com/tb.php/103-8151d6e9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スニーカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。